• ホーム
  • シアリスの正しい服用方法

シアリスの正しい服用方法

2020年04月13日
薬を飲む男性

シアリスは、日本で3番目に認可されたED治療薬です。
第1のED治療薬・バイアグラのイメージが強いでしょうが、同じように使っていてはまったく意味がありません。
シアリスの特徴を知り、正しい服用方法を心がけてください。

シアリスのメリットは持続効果です。
バイアグラが服用から5時間程度で効果が薄れていくのに対し、最長36時間ですから持続効果は抜群です。
その代わり、効果が発揮されるまでの時間もかかり性行為を予定している3時間前には服用しておく必要があります。
バイアグラだと30分程度ですから、その感覚で服用していると結局シアリスの効果は全く得られないままに終わってしまいます。

シアリスの有効成分タダラフィルはブロック構造になっているため、ゆっくりと溶け出し少しずつ吸収されていくのです。
ウィークエンドピルという愛称も付いていますが、土曜日に会ってそのまま泊まって翌日の朝・昼と濃密な時間を過ごすことができる、それがシアリスならではのメリットです。
休日だけでなく旅行に行くときなどもぜひ服用して行ってみてください。
3時間前には服用しておかなければならない薬ですから、パートナーと会う前に自宅にて飲んでおけばEDであることを知られる心配も無くなります。

有名なED治療薬バイアグラですが、実は食事との併用は難しく効果が半減してしまいます。
レストランの後にホテルへという流れが作れないのは痛いところです。

一方のシアリスは、併用可能・800カロリー程度までであれば影響はありません。
ただしあくまで800カロリーまで、腹7分目程度と少量です。
どちらにしろセックスをする前にお腹いっぱいにたべて食欲まで満たしてしまうのはやめておいた方が良さそうです。
ちなみに、アルコールは性的刺激を高め、相乗効果が得られるのでおすすめです。
とはいえ泥酔するくらいまで飲んでいると性的刺激が得られるどころか何も分からなくなって、セックスどころではなくなるので程ほどにしておきましょう。

シアリスとレビトラの違いについて

バイアグラもシアリスも、勃起に重要な働きを持つ環状グアノシンーリン酸を分解してしまう酵素・5-ホスホジエステラーゼを阻害するPDE5薬です。
同じ仕組みを持つED治療薬にレビトラもあります。
これら3つが日本で認可されているものなのです。

分解されにくいタダラフィルが使われていることから持続性の高さをウリとしているシアリスと違って、レビトラの有効成分パルデナフィル水和物は水にサッと溶けて吸収されます。
そのためこちらは即効性の高さが自慢です。
たった15分程度で効果が出てくるのですから抜群の効果です。
突然そういう展開となった時に慌てなくても良いように、ぜひレビトラをポケットに忍ばせておいてください。
いざと言うときにレビトラ・休日のまったりとしたセックスにシアリスと、場面に応じて使い分けるのが達人です。
ちなみに、どちらも軽い食事であれば問題ありません。
バイアグラの弱点を補う形で生まれたED治療薬なのです。

ED治療薬にはPDE5阻害の他に、血管拡張作用もあります。
血液がより陰茎の海綿体に入っていきやすくなり、勃起力がアップするのです。
ただし、血管拡張作用は下半身だけでなく全身に及びます。
バイアグラも30分ほどで効果が出てくるためどちらかというと即効性が売りの薬、バイアグラ・レビトラを服用するとあっという間に全身の血管が拡張され充血が起こるため、服用者の9割以上に目の充血・顔の火照り・頭痛・鼻づまりといった副作用が起こるものと思っておいて下さい。
同じく血管は拡張されるものの、ゆっくりとマイルドに効果が得られる分、シアリスの方は服用者の3割程度と副作用が少なく症状も比較的軽めです。
特に人気の高さから通販サイトでも手軽にシリアスを購入する方が多いです。通販サイトを確認して見るのも良いでしょう。