• ホーム
  • バイアグラジェネリックの安全性は?

バイアグラジェネリックの安全性は?

2020年02月25日
心配している男性

日本ではバイアグラは1999年から販売されており、2014年5月をもって特許期限が切れました。
それまで日本国内ではバイアグラは開発費を負担して特許を確保していたファイザー製薬が独占権を持っていましたが、特許期間が過ぎた今、他の医薬品メーカーも製造・販売することが可能になっています。
このような背景から国内では既にバイアグラジェネリックが製造・販売されています。

有名なバイアグラジェネリックは水なしでも服用できる東和薬品の「シルデナフィルOD錠」や、キッセイ薬品工業の「シルデナフィル錠VIキッセイ」などが挙げられます。
このほかにも武田薬品工業など、多数のメーカーがバイアグラジェネリックを製造・販売しています。

バイアグラジェネリックを利用するメリットは、ずばり価格が安いことです。
既に開発済みの薬を製造・販売するだけなので、開発費がかからない分安価となります。
しかも成分はファイザー製薬が販売する正規品と全く同じですので、家計に優しいと言えます。
国内の製薬メーカーが販売するジェネリック医薬品は病院処方も行われているので、安心して服用することが可能です。

さらにバイアグラジェネリックを安く購入する方法として通販を活用する方法があります。
医薬品の個人輸入代行を行うサイトから、インド製のバイアグラジェネリックを取り寄せる方法です。
インドでは早い段階からバイアグラジェネリックが製造・販売されており、性の悩みを抱える多くの男性の役に立ってきました。
「カマグラ」や「ペネグラ」などが有名です。
偽物でなければ有効成分のシルデナフィルがしっかり配合されており、確かな効果がもたらされます。

このような通販(個人輸入代行)を活用すれば、国内メーカーのバイアグラジェネリックよりもさらに安く購入することができます。
海外からの取り寄せとなると送料が心配という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、多くの個人輸入代行では数千円以上を購入すれば送料が無料になるサービスを実施しています。

バイアグラの正しい使用方法

バイアグラジェネリックの使用方法はバイアグラと全く同じです。
したがって、これからジェネリックを使用したいという方はバイアグラの正しい使用方法を把握しておくことが求められます。
バイアグラは心臓病・腎臓病・高血圧や低血圧などを患っていない方、持病で何らかの病院処方薬を服用していない方であれば、基本的に問題なく利用することができます。
健康に不安のある方や病院にかかっている方は、主治医の意見を聞いてから服用することが望ましくなります。

また、確かな勃起力を実感するためには薬を飲むタイミングや食べ物との相性について知る必要があります。
前者の飲むタイミングについては、食前に利用することが大切です。
空腹時は胃腸が栄養分を欲しているので、有効成分のシルデナフィルが素早く吸収されます。
これによって、服用から効果が発現するまでの時間を短縮できます。

体質にもよりますが、早い方では服用から30分程度で効果が現れます。
加えて、1日に1回しか服用できないので早く飲みすぎるのは賢明ではありません。
性行為の1時間前を原則としましょう。

後者の食べ物の相性については、バイアグラは脂肪分や柑橘類との相性が悪いことや、過度のアルコールによって薬の効果が大きく減退してしまうことを知っておくべきです。
ジェネリック医薬品も含めてバイアグラを服用するときは、牛乳やグレープフルーツジュースなどの柑橘系のジュースで胃腸に流すことは避けましょう。
効果が薄まったり、副作用の可能性が高まります。
肉などの脂肪の多い食事の後の服用もNGです。
過度のアルコールは薬を飲んでも勃起力がなくなるのでこれも避けるべきです。

以上のような注意点を守れば、確かな効果を実感することができるでしょう。
最後に、過剰摂取について言及しておきます。
ジェネリック医薬品は安価ですからついつい多めに服用してみようと欲が出てしまう可能性があります。
しかし、多めに服用しても副作用のリスクが高まるだけですから、くれぐれもそのようなことがないようにしなければなりません。