• ホーム
  • 効果時間に注目!レビトラの効果と仕組み

効果時間に注目!レビトラの効果と仕組み

2020年03月26日
OKサインを出す男性

レビトラは国内2番目に承認を受けたED治療薬で、厚生労働省の認可を受けています。
厚生労働省に認められている薬ですので、勃起力を取り戻すための十分な効果があります。
レビトラは国の認可を受けているために安全に使用できるED治療薬です。

レビトラの特徴としては、効果がすぐに現れやすい即効性に優れている点が挙げられます。
他のED治療薬では飲んでから効果が発現するまでに30分以上はかかることが普通でしたが、レビトラならば服用してから15分程度で効き目を感じることができます。
日本国内では3種類のED治療薬が認められていますが、レビトラは効果が発現するまでの時間が一番短い薬です。
すぐに効き目が現れてほしい人は、レビトラを選ぶことがおすすめです。

即効性が高いED治療薬なので、性行為をする直前に飲んでも問題ありません。
あらかじめ性行為をしようと決めていない場合でも、突発的な事態に対応できる点が魅力と言えます。

国内2番目に承認を受けたこともあって、最初に承認されたバイアグラと比較して食事の影響を受けにくく作られています。
バイアグラの場合には服用する前後に食事を摂取してしまうと、薬の作用に影響が現れて勃起力を強化できない点が欠点でした。
しかし、レビトラは食事の影響を受けにくいために、多少の食事ならば摂ることが可能です。
ただし、まったく影響を受けない薬ではないので、油っこいメニューを食べることはできません。
目安としては800キロカロリー以内の食事であれば、有効成分のバルデナフィルに影響は出ないと考えられています。

レビトラを製造しているのは世界的に有名な製薬会社ですので、その点も高い安全性があると判断して良いでしょう。
ジェネリックと比べると先発医薬品のレビトラは安全に飲むことも可能で、ED治療をしているクリニックで処方を受けることも可能です。

有効成分はバルデナフィルで、ペニスの血管を広げる働きがあります。
勃起はペニス内に血液が流入することで起きていますので、血管を広げて血液の流入を促す効果があることは、ED治療に役立ちます。

レビトラのネット通販にご注意

レビトラを入手する方法は主に2種類あって、ED治療をしているクリニックに通って購入する方法と、インターネット上の通販を利用する方法があります。
ネット通販での薬の販売はED治療薬の場合には、偽造品を扱っているサイトがあると言われています。

ネットで販売している業者は、海外で売られている薬を個人輸入を代行する目的で販売しているところがほとんどです。
必ずしも正規品を扱っている業者ばかりではない点が問題で、万が一偽造品を飲んでしまうと体に悪影響が出る可能性も否定できません。
通販で購入したいと考えている人は、信頼性の高い個人輸入代行のサイトを選ぶことが重要で、長年営業をしていないサイトは危険と言って良いです。

確実に正規品のレビトラを入手したい場合には、近くのEDクリニックで診察を受けたほうが良いでしょう。
レビトラはEDクリニックで購入できるED治療薬の1つで、値段としても1錠あたり1500~1800円が相場と言えます。
保険が効かない薬に該当するので、1錠あたりの値段が高く、1箱分を買うと4錠入りですので6000円以上はかかると考えておきましょう。

錠剤を飲むごとに治療が進んでいくタイプの薬ではなく、1錠の効果時間が決まっていて、時間が経過すると効き目は消えます。
そのために性行為をする度に飲む必要があるので、クリニックに通うときにはまとめて処方してもらっておくと、何度も通う手間を省けます。

近くにEDクリニックがない場合には通販のほうが便利と思いがちですが、海外製の医薬品を販売しているサイトなどは注意しておく必要があり、信頼できるかどうかが重要なポイントです。
信頼できる通販サイトを見つけられないときには、少し離れた地域であってもクリニックまで行ってレビトラを処方してもらったほうが、確実に正規品が手に入ります。