• ホーム
  • 気になるアバナの正しい服用方法と副作用

気になるアバナの正しい服用方法と副作用

2020年07月12日

アバナは、バイアグラなどと同じED治療薬の仲間です。
ステンドラジェネリックの医薬品であり、日本未承認となっています。
ステンドラは、FDAに承認されている薬剤の一つですが日本ではあまり知られていません。
ステンドラは、即効性があり副作用の少ないED治療薬となっています。

アバナの即効性に関してですが、ステンドラと同じく服用後30分程・早い場合は15分ほどで効果が出始めるためかなり早いです。
レビトラの発現時間がほぼ同様ですので、それに近い位置づけのED治療薬です。
アバナフィルの発現時間は6時間程度持続しますので、性行為を行うにあたっては問題なく作用することがいえるでしょう。

もう一つアバナが持つ大きなアドバンテージとしては、ED治療薬のネックといわれている空腹時服用に関しては書いていません。
インターネット上の口コミには食事との同時併用もできると言われているくらい普通に摂取しても問題がありません。

ただ、副作用が少ないといわれるステンドラジェネリックのアバナですが副作用はやはりあります。
主な副作用の症状としては頭痛が6.9%・顔の火照りが4.3%・鼻づまりが2.9%の確率で起きるとされています。
いずれも、基本的には問題になるほどの症状にはなりません。
ただ、アレルギー症状が起きる可能性があるためこの点は注意します。

飲み合わせに関しては、アルコールとの併用は控えるようにします。
これは、アルコールを一緒に摂取することで効果を打ち消したり血圧低下を招くなどといった重大な副作用につながることもあるので控えるようにしたほうが良いでしょう。
また、飲み合わせに気を付けるべき医薬品として血圧低下招く危険があるトログリセリンなどの硝酸薬の併用は禁じられています。
ケトコナゾール・イトラコナゾールなどの経口真菌薬及びHIVプロテアーゼ阻害剤なども、服用禁忌に指定されています。

ステンドラジェネリックを服用できない人もいます。
不整脈・狭心症または心不全などの心臓に持病がある人や過去6か月以内に心臓手術を受けた人の服用はできません。
低血圧や又は治療による管理がされていない高血圧の人も控えるようにしましょう。

ED治療薬の種類と購入ルート

ED治療薬には、他にも色々な種類の商品があります。
ステンドラやステンドラジェネリックのアバナに含まれている主成分はアバナフィルです。
こちらはバイアグラの成分として知られるシルデナフィル・レビトラの主成分のバルデナフィル・シアリスの主成分であるタダラフィルと同じPDE5阻害剤に分類されていますので、作用機序についても同様です。
ただ、即効性と持続時間のメリットから即効性のあるバイアグラという位置づけになっています。

日本未承認の医薬品ですので、薬局やドラッグストアでの販売はありません。
購入ルートとして最も確実なのは、医薬品を専門とする個人輸入代行業者を利用して通販サイトで購入するのが一般的です。
アバナはステンドラジェネリックですので、ステンドラよりもかなり安価で購入することができます。
価格は、アバナの場合は2480円で販売しているところがあり基本的にリーズナブルです。

届くまでの日数は、個人輸入代行業者にもよるのですが7日から14日くらいを見積もっておくと良いです。
支払い方法はクレジットカードなどでの決済ができます。
銀行振込なども利用可となっています。
申し込み方法は、普通の通販サイトと変わらない感覚で出来ますので便利です。

注意点は、ステンドラやステンドラジェネリックのアバナは偽物も比較的多く流通している点にあります。
ですので、購入するのであれば信頼できる個人輸入代行業者から輸入しておくようにしましょう。
口コミサイトなどで信頼性や安全性などを確認したうえで購入することが求められます。
もしも気になることがあった場合などは、医師や薬剤師とも相談をしながら購入するかどうかを決めておいたほうが良いでしょう。